茨城に移住するなら今の家をどうするのか?

茨城は広大な土地で自然災害も少なく、知られざる魅力がたくさん隠れている関東の秘境とも言えます。
実は、私たち夫婦も定年して東京から茨城に移住してきた人間です
関東圏を遠く離れるのは難しいけど、おすすめの移住先として茨城には全国からも移住を検討する人も多いと聞いていたんです。

このサイトでは、茨城に移住するおすすめの理由や、私の今の生活、茨城に移住するメリットなど、シニアの家族やご夫婦にも分かりやすくまとめたポータルサイトになればと思って書いています。

茨城は住民税も安くて土地代も広くて安くて、定年を迎えたのに騒がしい東京にいるより少しだけ離れた茨城なら非常にコストパフォーマンスが良いと判断したんです。


うちの子供たちもそれぞれ世帯を持っていて、東京の住居を空き家にするわけにもいかず、茨城に移住するときに利用したのがイエイ不動産査定です。
不動産売却の前に複数の大手に対して価格を一括査定してくれる無料の便利ツールなのでおすすめです。


不動産売却一括査定「イエイ不動産売却査定」

イエイ不動産の無料一括査定








茨城に移住したらゴルフ三昧の日々に

東京でずっと勤めてきた私が茨城に移住してきた理由はいくつかあり、その1つがゴルフです。

【大好きなゴルフを思う存分に楽しめる】

茨城にはゴルフ場も多いです。

・茨城ゴルフ倶楽部
・東筑波カントリークラブ
・宍戸ヒルズカントリークラブ
・桜の宮ゴルフ倶楽部

などは私のお気に入りでおすすめしています。




まだ勤めていた頃に、埼玉出身の石川遼プロも10代の頃によく来ていたコースがあると聞いた事があって、職場の仲間たちとも茨城のゴルフ場に来たのが何回もあったのです。
東京から片道1時間ちょっとで到着できる距離なんですから、日曜の朝早くに出発して仲間たちと合流後にワイワイできて、茨城は交通面でも全然身近だったんです。

茨城は関東平野のおかげでとても平坦で広大です。
電車なら宇都宮線や常磐線に乗ったり、車でも関東の大動脈である国道4号線なんて走ってたら分かるはずです。
高いビルもありません。

大きな山も筑波山くらいで、天気が良い日は頂上から富士山も見えるほどです。
筑波山は関東の冨士見百景に選ばれてますしね。

それに私が住む茨城のエリアは比較的内陸だから海からの強い風も受けず、ショットがよく伸びます。
東京から来る昔の友達がコースを回る時によく誘われたり、私がアテンドしてあげたりも。
第二の人生を茨城で謳歌してますね。
東京じゃ庭でバーベキューなんてとてもできませんでしたが、茨城に移住後は何度かやってるくらいです。






【ゴルフ練習場の打ちっぱなしが格安でおすすめ】



東京にいた頃によく言っていたロッテ葛西ゴルフ練習場なんかだと1球あたり20円くらいだったかなと。
それ以外に入場料、照明代、貸しクラブ代、なんかも細かく取られていきますよね。


それが茨城にあるゴルフ練習場では、1球あたり5円とかです。
1000円で打ち放題なんてとこもあります。

入場料、照明代、貸しクラブ代が無料なんてのもあります。
全然お金が掛からない上に、平坦なおかげで奥行きがあって気持ちよくスイングできるんです。

わざわざ都内から茨城のゴルフ練習場まで足を運ぶ人もいるくらいよくおすすめ情報でも出てますね。

何より、そんなにいつも混まないから気が散ったり邪魔が入らず伸び伸び打てます。
茨城に移住してからゴルフ友達もできたので、最近は毎月2回は行くようになってます。



茨城に移住するメリット教えます

【首都圏・東京までが近い】



私は東京に住んでいた時は、茨城が凄く遠い田舎のイメージを持っていたんです。
特に行く用事が無ければ茨城のほうへ電車に乗る事も無かったですからね。

移住でおすすめできる理由が、東京までとても近いと思ったからです。

茨城の西側なら湘南新宿ラインや上野東京ラインが縦に長く1本で繋がっていて、新宿駅〜小山駅の間が1時間20分くらいで到着です。

茨城の東側なら常磐線に1本乗っているだけで、北千住駅〜水戸駅の間が1時間40分程度です。
つくばエクスプレス快速なら、北千住駅〜つくば駅まで停車駅わずか4駅で30分で到着です。

高速道路も複数あるので例えば、国技館のある両国から水戸まで首都高速や常磐自動車道を走らせば1時間30分ほどで到着です。

物凄く遠いなんてイメージだけだったんです。
なので茨城に移住されても距離が近い割には土地や家が安いからその点のメリットは大きいですね。





【空気がキレイ・広大な土地・自然は豊富だからおすすめ】



電車や自動車で東京のビル群を抜けると、もう高い建物がほとんど無くなるのでどこまでも平らな風景が広がっています。

東京で車を走らせているといつも狭いなと思っていたのが、広くてのびのび運転できるので気持ち良いです。

農業が盛んなのは、空気や水がキレイで日光を遮るものが無いからです。
茨城のサツマイモやメロンは全国の中でもかなり甘くて美味しいので自信持っておすすめできます。

野菜や果物が余るほど取れるので、美味しいのに安いんです
かなり食費が助かってますね。

住民たちも都会ではみんなが時間に追われる生活ですが、やはりのんびりされた雰囲気を感じさせますよ。

気候で言うと、夏はそれほど暑くなくて、冬もあまり雪が降らないのでそれほど寒くない環境です
平野だから燃費も良くてタイヤも減らず、雪も積もらないからスタッドレスタイヤも履かずに済んでます。




【有名な観光スポットたち】



大洗など海のほうに行けば魚が新鮮で美味しいです。
「アクアワールド茨城県大洗水族館」もかなり大きな水族館です。

霞ヶ浦の広大な湖や、袋田の滝、水戸の偕楽園なども海外から多くの外国人たちが来るほど世界的にも有名です。

土浦では日本三大花火大会に数えられる土浦全国花火競技大会が毎年開かれて、多くの人が集まります。

ちなみに茨城空港から沖縄まで2時間30分で飛べるLCCのスカイマークなどもあるので、飛行機で格安旅行も羽田や成田のように混雑しないのでおすすめですね。





【ショッピングや施設には困らない】



国道沿いには大手チェーン店も立ち並び、家電量販店、ショッピングモール、ホームセンター、病院、銀行、郵便局、学校、コンビニなど一通り全部揃っていて、生活するのに全く困らないです。

筑波大学附属病院や自治医科大学附属病院の他にも総合病院が多い印象です。

ヤマトや佐川急便の支店もあちこちにあって、Amazonや楽天で買ったものがすぐ届いてくれます。

田舎なんてイメージ無くなってますね。



茨城に移住する資金は



コストパフォーマンスの良い茨城に移住する前に、おすすめの資金の作り方を挙げてみます。
私たちは夫婦の年金が月20万円でも十分やっていける状態です。

それに茨城はシニア向け求人も豊富です。
だからと言って体に負担のかかる農作業や工場や車を運転するリスクのある仕事をする必要もなくて、例えば

・農業法人のパート仕事
・マンションの管理人
・高速道路の料金所スタッフ
・ガソリンスタンド
・電気水道ガスの検針
・倉庫の清掃


など様々ありますので移住予定のエリアで検索すると出てきます。
今は高齢化社会なんですから、定年されてもまだ働きたい元気なシニアの需要もそれなりにありますね。



自宅や土地も東京に比べれば遥かに格安です。

それまでの貯金プラスの資金を作るために少しでも高く移住前の家を売る計画も勧めましょう。


移住メリットも多い茨城に来る前に、今の不動産がいくらの価格になるのか無料の一括査定で知っておくと予定も組みやすくなりますよ。


不動産売却一括査定「イエイ不動産売却査定」

イエイ不動産の無料一括査定